「宿題をしなさい!」ほど響かない言葉はない!宿題をやる気にさせる方法とは?

子どもたちの教育で頭を悩ませることの一つといえば、「どうやって宿題をやる気にさせるのか」ですよね。

我が家でも小学2年生の娘がいますが、帰るなりランドセルを放り投げ、宿題は後まわしです。私が「宿題いつするの?」と聞くと、「今しようと思ってたの!」という返事が。

こんなやり取り、たくさんのご家庭で見れそうですね。

ポイントは「自分で決めさせること」

なかなか宿題に取り組めない娘に、私もあの手この手を試してきましたが、その中で手ごたえのあった方法は「質問すること」。

「今日の宿題はなに?」「何から始めるの?」「何が苦手?どの問題が簡単だった?」「今日はどこで宿題する?」「どっちに向かって座る?」

親の私がそう質問すると、子どもは答えてくれます。答えるということは、「自分で決めている」ということです。自分で決めて主題をやり遂げることができれば、娘は大きな達成感を感じて、宿題に対するモチベーションがアップするのです。

タスクや時間を決めてあげるのも◎

机に座ったはいいけれど、ひじをついてぼぉ~っとして何もしてない。これもよく見る光景です。

そんなときに思わず親が言ってしまう、「はい!集中!集中!」という言葉。しかし、そう
言われて集中できる子どもはなかなかいませんね。そもそも、どういう手順を踏めば集中できるかなんてわからないのです。

そんなときは

「①~⑩の問題を5分でできるかな!?」

という風に、「お題」を与えます。「集中しなさい」と命令するのではなく、タスクと時間を親が設定してあげるのです。もともと子どもは競争が大好きですから、きっとやる気になってくれるはず。

そして達成できたらハイタッチをして、一生懸命頑張った5分間を褒めてあげてください。「今集中してたね!」とさりげなく言ってあげると、子どもは「あ、集中ってこんな感じなのか!」と、気づいてくれるかもしれません。

「小さな選択肢」をたくさん与えてあげること

大人もそうですが、命令されてする仕事より、自発的にする仕事の方がモチベーションもアップしますし達成感があります。人は自分の意志で選択することを、本能的に気持ちいいことだと感じるのです。

「宿題しなければならない」という選択権のない状態が、子どもにとってはひどく苦痛に感じるものなの。例え遊びでも「今は絶対にプラレールで遊びなさい!」と言われたら、ちっとも楽しくありませんよね。

親からの「宿題しなさい」という言葉ほど、響かない言葉はないのです!

宿題をする中で、宿題をする順番、する場所、する時間、など「小さな選択」をたくさんさせてあげることが意欲につながるかもしれません。

しかし毎日親がつきっきりで宿題をすることもできませんし、「昨日はうまくいったけど今日はだめだった」なんてこともしょっちゅうです。それが子育てのつらいとこですが、手を変え品を変え角度を変え、私も試行錯誤する毎日です。

宿題は毎日のことなので、子どもも親もイライラしないような方法を考えていきたいですね。

<<ライターprofile>syuupa…自宅を開放して託児ルームを運営しています。チャイルドマインダーの資格を生かし、家庭保育のプロとして、子どもたちに携わらせていただいております。子どもたちから受ける驚きや刺激は、日々私を成長させてくれます!

作文力.com TOP > 家庭学習 > 「宿題をしなさい!」ほど響かない言葉はない!宿題をやる気にさせる方法とは?

関連記事