絵本は「大人が読んであげる」ことに意味がある。絵本のもたらす素敵な3つのこと

絵本は文字を読めるようになった子どもが自分で読むのではなく、「大人が読んであげること」に意味のある本だと思っています。

絵本を読むことによって、子どもたちにもたらされる素敵な影響を3つ紹介したいと思います。

その① 本と仲良しになれる

本を読むということは、読んだり聞いたりした言葉を頭の中で瞬間的にイメージをふくらませていくことです。

読んでもらっている子どもの頭の中では、語りかけられている言葉と共に、絵が追いかけるように変化していきます。ページからページに移るときの、実際は見えない絵を心のスクリーンに映し出しているのです。

この、「目には見えないものを見る力=想像力」が、将来自分で本を読むために必要な力になってくるのです。そしてその力は、親に絵本を読んでもらうことによって培われていきます。

その② 生きるということを伝える

親として、人生の先輩として、子どもに正しいことを伝えたい機会がたくさんあると思います。

子どもを育てていくうえで直面する、優しさ、正義と悪、友情、働くということ・・・。これらの事柄を、どのように伝えるべきなのか迷うこともありますよね。

そのために人間は物語を作り出し、それに託して語ろうとしてきたのです。それらが、生きる絵で大切なエッセンスがたくさんつまった現代の絵本や本なのです。

子どもの発達で一番早いのは聴く力です。絵本を読んでもらうことで聴く力がさらに発達し、思いを深めことができていくのです。

その③ 親の愛情を伝えることができる

子どもたちは、絵本を読んでもらっている行為は自分に向けられている愛情だということを本能的に感じ取っています。

その時間は、身体も心も親に抱きとめられ、親からの丸ごとの愛を感じていられるのです。

私の娘は幼稚園生活を送っていた3年間はとても癇癪が激しく、親子で泣き続けた日々でした。そんな彼女と私に、穏やかな時間を与えてくれたのは絵本を読んでいる時間でした。

彼女も絵本を一緒に読むという行為が、間違いなく自分に愛情を向けられている時間なのだと心から感じとっていたのだと思います。

どんな子どもでも、生きていくのに一番必要なのは親からの愛ですよね。

毎日の生活の中のほんの少しの時間。親のひざの上で、横で、同じ布団の中で絵本を読んであげる。ただそれだけでも、子どもたちが切に望んでいるものを手渡してあげることができるのだと思います。

<<ライターprofile>syuupa…自宅を開放して託児ルームを運営しています。チャイルドマインダーの資格を生かし、家庭保育のプロとして、子どもたちに携わらせていただいております。子どもたちから受ける驚きや刺激は、日々私を成長させてくれます!

作文力.com TOP > 家庭学習 > 絵本は「大人が読んであげる」ことに意味がある。絵本のもたらす素敵な3つのこと

関連記事