子どもをほめるときに使いがちな【NG三大用語】とは?

子育てをしていると、「子どもはほめて育てましょう」 というキーワードをよく耳にしますよね。ほめて育てる。これは最近の子育てでは、定番化しているのではないでしょうか。

ママがよく使うその言葉、実はNG?

子どもをほめようと意識するママたちがよく使う便利な3大用語は 

「すごい!」「上手!」「かしこい!」 

です。みなさんも多用しているのではないでしょうか?

しかし、その奥には「もっと勉強してもらおう」「もっとちゃんとしてくれるかも」という、コントロールしようという意識が潜んでいることもありますよね。

かくいう私もそうです「すごい!」とおだてて色んなことをしてもらい、「上手!」とほめて喜ばせ、「かしこい!」と伝えて、もっとちゃんとさせようとする。そんな下心がありました。でも、それはもう「ほめている」のではないですよね。

親の下心は子どもにばれる…?

「すごい!」という言葉は、子どもに「そんなことないのに・・・」と反感を抱かせてしまう危険性があります。

「上手!」という言葉は、「下手はだめなの?」という意識を刷り込ませてしまうかもしれません。また、子どもが「いまいち」と思っているものを親が「上手!」と言ったところで、 「何も見てくれていない」と落胆させるだけになってしまいます。

子どもがとても小さいうちは通用するかもしれませんが、だんだんとこちらの下心を敏感に感じ取ってくるのです。

ほめるときは、具体的にほめること

以前、我が家でこんなことがありました。

小学生の娘が側転をしてみせたのです。 決して上手ではありませんでしたが、「上手にできるようになったから私に見てほしかったのだろう」と勝手に推測して 「上手にできたね!」と言うと、「どこが?どうして本当の事を言ってくれないの!?」 と怒り出したのです。

娘はほめて欲しくて言ったのではなく、「見て欲しい」だけなのです。 成功しても失敗しても「見て欲しい」のです。 親や大人が見てくれているという安心感だけで、子どもはたくさんの事にチャレンジできるのです。

それ以降、「見たよ!前よりもきれいに回れてる」 「足がもっと伸びたらもっときれいに見えるよ」 と、以前の娘と比べた評価や、率直に直した方が良いところを伝えたりしています。

子どもをほめるときの良いほめ方・悪いほめ方

そんなこともふまえ、子どもをほめるときの良いほめ方・悪いほめ方をまとめてみました。

悪いほめ方

①「ほめたら良い」と思ってむやみにほめる
②子どもの心をコントロールしようと思ってほめる
③大人が望むことをしたときだけほめる
④兄弟、友達などと比較してほめる

良いほめ方 

①大人の嬉しかった気持ちを表す
「おいしい!」「うれしい!」「ありがとう!」
大人と一緒で、自分の行動が誰かに喜んでもらえることに子どもは喜びを感じて、またしてみようと思えるのです。

②経過をほめる
結果だけを見てほめるのではなく、結果が出るまでの途中の頑張りを見てほめてください。そうすることで、たとえ結果が良くなくても、ほめるポイントがたくさんあるはずです。

③具体的にほめる
漠然とした、「すごい!」よりも、「レタスちぎってくれて助かったよ」「留守番してくれたおかげで安心して仕事ができたよ」など、「自分の行動や頑張りをちゃんと見てくれているんだ」という安心感を子どもに持ってもらうほめ方がベストです。
子どもは「次もやろう」「また頑張ろう」と、次につながる意欲ややる気を育むことができるのです。

上記のようなほめ方は、子どもがいくつになっても使えると思います。また、子どもだけではなく夫婦間でも使えるほめ方ではないでしょうか?

ぜひ参考にしてみてくださいね!

<<ライターprofile>syuupa…自宅を開放して託児ルームを運営しています。チャイルドマインダーの資格を生かし、家庭保育のプロとして、子どもたちに携わらせていただいております。子どもたちから受ける驚きや刺激は、日々私を成長させてくれます!

作文力.com TOP > 家庭学習 > 子どもをほめるときに使いがちな【NG三大用語】とは?

関連記事