英語をマスターするなら「学校では英語・家では日本語」がベスト?

3歳でインターナショナルスクールの門をくぐった私の息子。3歳といえば、日本語も十分に理解はしていない年齢です。母親である私が不安を感じていたのは「今の年齢で英語の世界に足を踏み入れることで、日本語が使えなくなるのではないか」ということでした。

日本語の理解が不十分なうちに英語に触れさせることで、“日本語と英語のどっちつかず”になることを一番恐れていたのです。

「家庭では日本語を」とアドバイス

そんな不安を抱えている時に、インターナショナルスクールの先生から「家庭では徹底して正しい日本語を使うように」とのアドバイスがありました。

英語に早く慣れるように「家庭でも英語を」というのではなく「家庭では日本語を」というアドバイスだったのです。こうして息子は、学校では英語(ただし日本人の友人たちとは日本語を使う)、家庭では日本語を使うという環境作りがスタートしたのです。

日本語の習得が英語の学びにも貢献

それから、家庭では意識的に英語を使わないようにしました。私が間違った英語を使うことで、息子に間違った英語を覚えさせてしまうことに不安もありました。とにかく第二言語である英語は、学校に任せることに。

家庭内で母語を使うことで、息子は日本語の文書を作ることができるようになり、そのことが学校での英語の学びに役に立ったのです。

図書館で積極的に日本語の本を読むように

家庭の中では、私とのコミュニケーションが主になっていたので、私も徹底的に日本語を使うように心がけました。

また、図書館で日本語の本を積極的に読みました。これも息子の頭の中に「日本語環境」を作ることにとても役立ちました。

中学生になると本人から積極的に、日本語で学校の話をしてくれていました。「学校では英語だから、家に帰った時くらいは日本語で考えて話をしたい」とのことです。

頭の中にそれぞれの回路を持つことが言葉の習得に繋がる

「英語を使うときは英語、日本語を使うときは日本語」。頭の中にそれぞれの回路を持つことが言葉の習得に繋がると、現在日本の企業で仕事をしている息子が話していました。

幼稚園から大学まで学生時代をほぼ英語圏で生活をしていたにもかかわらず、日本人として日本語を使って仕事ができているのは、幼少時に母語である日本語の習得がきちんとできた証と言えるでしょう。

小さい頃から第二言語を習得するには、きちんとした母語の習得はとても大事なことです。

子どもたちは母語である日本語を使うことで人とのコミュニケーション力を増やし、正しく使う言葉を身に付けていきます。

また頭の中で母語で考えることにより文書構成を学び、そのことが第二言語である英語の文書作りにも役に立つのです。

<<ライタープロフィール>>さくら(オーストラリア在住):スポーツフォトグラファーとして、また日本人留学生のサポートなど年間行事に追われるフリーランスフォトグラファー・ライター。一人息子をインターナショナルスクールに。親子ともにハローの一言から始まった幼稚園、そして小学校後半には海外に移動。息子はカナダ・オーストラリアでのスクールライフを満喫。

作文力.com TOP > 家庭学習 > 英語をマスターするなら「学校では英語・家では日本語」がベスト?

関連記事