[オトナも読みたい!今月の1冊] 10月/魔女・魔法が魅力的な1冊『西の魔女が死んだ』

もしもあなたの祖母が魔女だったら・・・

現実的ではないかもしれない設定だけれども、作品からつたわるメッセージはきっと老若男女問わず、心に響く物語かもしれません。

数々の賞に輝き、映画化もされたロングセラー作品『西の魔女が死んだ』。ドラゼミの問題作成者でもある佐藤友樹先生に書評いただきました。

魔法は心の中にある

『西の魔女が死んだ』

梨木香歩/作(新潮文庫刊)

 高学年から大人まで 

1710_4西の魔女が死んだ_125332_xl.jpg

主人公は、感受性の強い少女・まい。

周囲から仲間はずれにされ不登校になってしまい、イギリス人で魔女の血を引くという祖母「西の魔女」の家であずけられることになり、魔女になるための修行をすることになります。

その修行というのは特別なことではありません。「なんでも自分で決めること」でした。魔女になるための修業の日々で、規則正しい生活を送り、自然と触れ合い、お気に入りの場所を作り、心穏やかな毎日が過ぎて行きます。

魔女修行からしばらくたったある日、大切な鶏小屋が荒らされ、その日の夜、祖母は死んだあとの話をします。そして、「西の魔女が死んだ」日の約束をまいとかわすのです。

読み応えのある本格小説です。


【作者】 梨木香歩(1959~ )鹿児島県出身。同志社大学卒業。イギリスに留学し、児童文学者のベティ・モーガン・ボーエンに師事する。『西の魔女が死ん だ』で、日本児童文学者協会新人賞、新美南吉児童文学賞、小学館文学賞受賞。他に『丹生都比売』、『エンジェル エンジェル エンジェル』、『裏庭』などがある


▼[オトナも読みたい!今月の1冊] 10月/魔女・魔法が魅力的な1冊

作文力.com TOP > 読書感想文 > [オトナも読みたい!今月の1冊] 10月/魔女・魔法が魅力的な1冊『西の魔女が死んだ』

関連記事