いまや家庭学習に必須?デジタルコンテンツの特長を生かした学習方法って?

学習アプリなどの登場で、学習シーンで活用されることも目立ってきたデジタルコンテンツ。今回はその背景や現在の状況、その特長を生かした学習方法についてご紹介します。

子どもにタブレットを与えるのは悪!はもう古い?

最近では、教育の情報化に対応するために、デジタルコンテンツを学習シーンで活用していく流れが目立ちます。

少し前までは、子どもがスマホやタブレットを利用することに対して、「スマホに子守をさせている親」というようなネガティブイメージがついてまわっていましたよね。

確かに幼い子どもにデジタルコンテンツを与えることについては、コミュニケーションや体験する機会が減ること、依存性が心配されることなどから敬遠されていました。 また、小学生にスマホやタブレットを与えることについても、親にとって悩ましいテーマでした。

そのようななか、政府は2018年2月に、「デジタル教科書」を正式な教科書に位置づける学校教育法改正案を閣議決定しました。

これは、教育課程の一部においてデジタル教科書を通常の紙の教科書と併用して使用できるほか、視覚障害や発達障害などの児童生徒は全教育課程で使えるようにするというもので、2020年度からの新学習指導要領の「主体的・対話的で深い学び」を実現するため、また、障害のある児童生徒の学習支援をするための措置です。

このようにデジタルの学習コンテンツを「積極的に活用し」、「慣れ親しんでいく」ことについて、皆さんはどう思いますか?

デジタルコンテンツの家庭学習への活用には肯定的な親が多数?

2018年3月にイー・ラーニング研究所が発表した、子どものいる親(20~50代)を対象とした「子どもの生活に関するアンケート」では、スマホ・タブレットを使って学習している子どもは約6割にものぼりました。

さらに「お子様はスマートフォン・タブレットを使ってどのような学習をしますか(複数回答可)」という質問では、第1位が「調べ物や情報収集をする」、第2位が「勉強用アプリを使う」、第3位が「翻訳などの辞書を使う」と続きました。

一方で、デジタルコンテンツに頼る懸念点もあり

mam1.jpg

しかし一方で、学習をデジタルコンテンツのみに頼ることに関して心配だという意見もあります。

2017年8月に実施された「デジタル教科書に関するアンケート調査」(実施/文部科学省初等中等教育局教科書課)では、学校や家庭でデジタル教科書を使用することについて、35%の人が「反対+どちらかというと反対」と回答。

その理由としては、「デジタル教科書では書く力や考える力、知識の定着などの点で子どもの学習が定着するとは思えない」と回答した方がもっとも多い結果となりました。

確かに「書く」作業や、グループセッションなど人的コミュニケーションをとりながら深く考えていくといったことは、現在普及しているデジタルコンテンツでは若干難しいところがあります。

以上から、デジタルコンテンツの学習におけるメリット・デメリットを知り、家庭学習にバランスよく取り入れていくことが重要と言えそうです。下記にそれぞれを見ていきましょう。

デジタルコンテンツで学習することのメリット・デメリットとは?

メリット

  • 時間と場所を選ばないので時間の有効活用ができる
  • 反復学習ができるので知識の定着に向いている
  • 必要なときに必要な情報を入手できる
  • 動画、音声などを活用できる
  • テスト結果をデータ化するなど、自己分析ができる

デメリット

  • ネットワーク環境とデバイスが必要
  • 人的コミュニケーションが必要な学びが難しい
  • 「書く」力を鍛える機会が減る

デジタルコンテンツが活用できる学習シーン

以上から、デジタルコンテンツを使うのに向いている学習として、

  • 計算や漢字の読み方などの反復学習
  • 調べもの学習
  • 英語など、「発音」や「音声」を重視する学習

などが挙げられます。

小学館の通信教育ドラゼミの場合・・・

紙での学習がメインの通信教育「ドラゼミ」でもデジタルコンテンツが利用できることをご存じでしたか?会員になるとたくさんのデジタルコンテンツを家庭学習に活用することができます。小学館の通信教育ならではの独自コンテンツが充実しているのが特長です。

doraemimyroom.png

ドラゼミ会員用デジタルコンテンツの特長

  • 漢字・計算はもちろん、作文や図形問題とからめたドラゼミオリジナルの学習アプリで、学習内容の理解定着ができる!
  • デジタル版の小学館の図鑑NEOで調べ学習ができる!
  • 小学館の国語辞典や百科事典を家庭で気軽に使える!
  • ドラゼミEnglish(小1~3対象)の動画教材や英単語ブック(小4~6対象)の音声ファイルを使って英語を楽しく学べる!
  • 漢字学習帳もダウンロード可!
  • 添削テストのデータを管理でき、自分の学習成果を見える化できる!
  • 子育てに関するコラムやお役立ち情報など、親向けのお役立ち情報も充実!

詳しくはこちらから「ドラゼミ会員サイトのご紹介」mayroombnr.png

まとめ

いかがでしたでしょうか。デジタルコンテンツを家庭学習にうまく取り入れて、さらなる学習のステップアップに活用していくのもよいですね。

作文力.com TOP > 家庭学習 > いまや家庭学習に必須?デジタルコンテンツの特長を生かした学習方法って?

関連記事