6月は食育月間!家庭でできる食育をご紹介♪

6月は「食育月間」。これは国が取り組む食育推進運動の一環として設けられているものです。この機会にぜひ家庭でできる食育について考えてみましょう。

そもそも食育とは?

子どもたちの健康を取り巻く問題として、朝ごはんを食べない、偏った栄養しか取れていない、食生活の乱れ、肥満、痩せすぎなどが深刻化しており、これらを解決するためにあるのが「食育」です。

平成17年に食育基本法が制定、翌年に食育推進基本計画が制定され、学校においても積極的に子どもたちが理想的な食習慣を身につけることができるような取り組みが推進されています。

子どもたちに「食」に関する知識と、自分でバランスのよい「食」を選べる力を身につけてもらい、子ども時代のみならず、「食」を通して生涯に渡って健康な生活を送るための力を育むことを目的としています。

それでは、具体的に身につけるべきポイントとはどのようなことなのでしょうか。

学校における「食育の観点」6つのポイント

学校で行われる食育で重要視されるポイントは以下の6つです。

    1. 食事の重要性
    2. 心身の健康
    3. 食品を選択する力
    4. 感謝の心
    5. 社会性
    6. 食文化

    上記を取り入れた具体的な取り組みは、給食だよりなどを通じて学校や幼稚園・保育園から告知されたりするので、パッとイメージが湧きやすいかと思います。
    幼児であれば、園庭で実際に野菜を育てたり、小学生なら、地域の食材や朝食の重要さ、マナーのもつ意味、栄養素の役割などについて考える授業や、生産者の見学、調理体験など、一口に「食育」といっても実に多くのテーマで授業が行われているようです。

    思い浮かべるのは簡単ですが、これらはすべて栄養士や栄養教諭などの担当の先生が中心となり学校全体と連携して行っていることで、実際にこれらを自宅でやるというのは少し難しいかも・・・と思っている方も多いのでは。

    そこで今回は、家での食事を通してできる「食育」について考えてみたいと思います。

    家庭の「食育」は学校の「食育」とはちがう

    shokuiku2.jpg

    家庭でできる食育について考える前に、家庭での食育のあるべき姿について、少し考えてみましょう。

    子どもたちにとって、学校での特別な食育の授業とは異なり、家での食事は「日常」の要素のひとつです。

    食に関して子どもたちのプラスになることを、ごく自然に無理なく子どもたちに習慣としてなじませること、そしてそれらがいつの間にか子どもたちにとって「当たり前」となる。それが家庭での食育のベストな形ではないでしょうか。

    これをふまえて、家での食事の際に行える食育について例を挙げてみましょう。

    欠食なくたべる

    基本的なことですが、1日3食、決まった時間にきちんと食べることを体に覚えさせることは生活リズムを整える上でも大変大切です。特に朝食を抜かない、休日でもしっかり時間を決めて食べるなどを心がけましょう。

    正しい配膳をする

    「ご飯は左、お味噌汁は右」など、口でわざわざ説明しなくても、毎日正しい配膳を繰り返すことで自然と身につきますね。

    一緒に食材の買物に行く

    小さいお子さんであれば、野菜の名前を覚えたり、小学生ならひとつの食材でもいろいろな産地があることや、食材ごとに有名な産地があるという発見につながるはずです。また、消費期限をチェックするなど食の安全についても学ぶことができるでしょう。

    旬のものを食べる

    四季ごとに旬のものが食卓に上れば、どの食材がいつ旬なのか、毎年の繰り返しでわかるようになります。

    一緒に料理をしてみる、または調理しているところを見せる

    子どもが食材の調理前の形を知らない、という話をよく耳にすることもあると思います。一緒に料理をしたり、その様子を見せたりすることで解決しましょう。また、簡単な炒めものでも、具材を入れる順序やその理由、調味料の役割などを知るいい機会にもなるでしょう。

    苦手なものをどうやったら食べられるか一緒に考えてみる

    嫌いな食べ物があっても、どんなところが苦手なのか、どうしたら食べられるようになるのか、一緒に考えてみましょう。自分の考えた方法で食べられるようになれば、子どももきっと嬉しいはず!

    食事について感想を言ってみる

    食事中、「このおかずはどう?」と尋ねてみましょう。味、色味、歯ごたえなど、子どもが感じたことをただ話題にするだけで、食に対する関心が高まるはずです。

    何より、一緒に楽しく食べる!

    なんといってもこれが最も重要なのではないでしょうか。大切な人との食事は、食生活のみならず人生を豊かにします。心の成長のためにも、お子さんと一緒に楽しく食事をすることを心がけましょう。

    習慣的にできることを一緒に無理なく行う

    いかがでしたでしょうか。いくつか挙げてきましたが、どれも共通して言えるのは、「一緒に」ということ。一緒に楽しく食事をするために、一緒にできることを無理なく行い、子どもたちが将来、心身ともに健康でいられるための最良な食生活を身につけられるように習慣づけましょう。

    >>家庭学習を習慣づけるには、ドラゼミ!!<<

    ↓詳しくはこちらから↓

    shuukan.png

    >>幼児からの家庭学習は、ぷちドラゼミ!!<<

    ↓詳しくはこちらから↓

    puti3.png
    作文力.com TOP > 教育お役立ちコラム > 6月は食育月間!家庭でできる食育をご紹介♪

    関連記事