[オトナも読みたい!今月の1冊] 9月/月夜に読みたい1冊『アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険』

今月は、「月夜に読みたい1冊」をご紹介しています。

大人も十分に楽しめる作品を、ドラゼミの問題作成者でもある、佐藤友樹先生にテーマごとに4冊、選書・書評いただいています。

今回ご紹介する絵本は、1ページ1ページめくるたびに、絵の素晴らしさが目を引くのですが、それ以上に月面着陸を目指す小ネズミの試行錯誤などのストーリーも丁寧に、魅力的に描かれています。

この絵本はもはや芸術作品!

『アームストロング 宙とぶネズミの大冒険』

トーベン・クールマン/作 金原 瑞人/訳(ブロンズ新社)

 低学年から大人まで 

1709_アーム表紙_中WEB用.jpg

前作「リンドバーグ」で世界中に衝撃を与えた、トーベン・クールマンの細密でドラマティックなネズミの大冒険絵本第二弾。

主人公のネズミは、毎晩天体望遠鏡をながめるアームストロング。過去に空を飛んだネズミの話を聞き、自ら月へ行くことを決意します。今回もまた、本格的な科学者となった小ネズミは、さまざまな知識を得て、設計図を作成し、宇宙船の試作をくり返し、月面への着陸をめざして奮闘します。人類の宇宙開発の歴史をなぞりながら、壮大な冒険が始まります。

ストーリーや絵の一枚一枚の細部まで徹底的にこだわった、見ごたえ読み応え満点の作品。

こちら(YouTube)から少しだけ絵本の内容を見ることができます。


【作者】トーベン・クールマン(1982~ ) ドイツ生まれ。イラストレーター、絵本作家。幼い頃から絵を描くことや面白いものを発明するのが好きだった。機械や蒸気機関車、飛行機についての歴史にも夢中になる。デビュー作『リンドバーグ』は、ハンブルク応用科学大学の卒業制作として構想した作品で、2014年発売と同時に、世界中で好評を博した。


▼[オトナも読みたい!今月の1冊] 9月/月夜に読みたい1冊

作文力.com TOP > 読書感想文 > [オトナも読みたい!今月の1冊] 9月/月夜に読みたい1冊『アームストロング 宙飛ぶネズミの大冒険』

関連記事