オトナも読みたい!今月の本 ー秘密だから心がときめく!― 『ないしょのおともだち』

ドラゼミの問題作成者である佐藤友樹先生が毎月テーマに沿った本をご紹介する「オトナも読みたい!今月の本」。

4月は「敵か味方か、友だちか」、面白い設定の「関係」をえがいた作品を紹介します。

今回は、おおきな家に住む少女と、その家の隅に住むネズミの女の子とのユニークな関係を描いた絵本をご紹介します。

『ないしょのおともだち』

ビバリー・ドノフリオ=文/バーバラ・マクリントック=絵(ほるぷ出版)

 幼児から大人まで 

1804_3ないしょのおともだちs.jpg

ないしょだから、ときめく。

1950年代を思わせるアメリカの絵本です。

少女マリーの住む大きな家の片隅に、小さなネズミの家族が住んでいます。家族構成も同じです。

子ねずみは親から人間に近づかないように、少女マリーも親からねずみに近寄らないように厳しく言われています。あるとき、お互いの存在を知ることになりますが、それは秘密にしています。

見開きでリンクするふたりの日々

この本では、「少女の日常生活」と「ネズミの日常生活」が並行して進んでゆきます。

ふたりが出会い、お互いの関係を秘密にしたままお互いが巣立つまで、それぞれの日常がゆったりと流れていく様子が描かれていて、読む側の心も満たされます。細部までていねいに描かれた絵が実に品がいいです。すばらしい作品と思います。


【作者】―ビバリー・ドノフリオ(1950~)小説家。絵本作家。米国コネチカット州ウェズリアン大学卒業後、コロンビア大学の創作科で芸術学修士を取得。自伝的小説『サンキュー、ボーイズ』はベストセラーとなり、映画化もされた。『ないしょのおともだち』(ほるぷ出版)で子ども向けの作品にも進出。バーバラ・マクリントックとのコンビの絵本が好評で、本作品の姉妹篇「ないしょのかくれんぼ」もおすすめの絵本。


作文力.com TOP > 読書感想文 > オトナも読みたい!今月の本 ー秘密だから心がときめく!― 『ないしょのおともだち』

関連記事