今年は親子で年賀状作りに挑戦しよう!

みなさんのお子さんは、年賀状を書いていますか?

最近はメールなどで新年の挨拶を済ませる子が増えていますが、実は年賀状を送ることにはたくさんのメリットがあるのです。

年賀状の魅力とは?

子どもたちが年賀状を書くことには、こんなメリットがあります。

・心をこめて書いた年賀状は、相手との距離を縮めてくれる。

・「相手を喜ばせたい」という、思いやりの気持ちを育むことができる。

・ていねいに文字を書くことを覚える。

・「何を書こう?」「どんな切手を貼ろう?」など工夫をすることで、表現力を鍛えることができる。

もしお子さんが自分一人で年賀状を書くのが難しいようなら、今年は親子いっしょに年賀状作りに挑戦してみましょう!

絵が苦手でも大丈夫!

相手に喜んでもらえる楽しい年賀状を作るなら、真っ白なはがきに自分で絵を書きましょう。平成28年の干支・さるにちなんだ絵でも、お正月をイメージした絵でもOK。

今回は絵が苦手な人でも素敵な年賀状を作れるテクニックを、全日本年賀状大賞コンクールを実施している日本郵便株式会社にお聞きしました!

◆切り絵年賀状

ozoni.jpg

折り紙を切って、のりで貼るだけで、温もりのあるやさしい印象の年賀状が完成します。

<作り方>

① はがきにペンでお椀を描き、絵の具でお雑煮のつゆを塗ります。

②折り紙をはさみや手で切って、好きなお雑煮の具を作ります。※しいたけの白い十字やにんじんは、折り紙を半分に折って切ると作りやすくなります。

sss.png

③作った具をしっかりのりで貼り付けます。

◆めん棒年賀状

sakana.jpgめん棒で描けば、簡単にアーティスティックな年賀状に仕上がります!

<作り方>

①はがきに鉛筆で鯛を下書きします。

②めん棒に絵の具をつけて、くるくると円を描きながらうろこを描きます。(使う色ごとにめん棒を変えましょう。)

③筆を使って絵の具で鯛の頭やお尻など、うろこ以外の部分を塗ります。

④絵の具が乾いたら、色鉛筆で鯛の目と鯛の体のふちをなぞります。

◆ちぎり絵年賀状

saru.jpg絵が苦手でも、ちぎり絵なら味のある年賀状を作ることができます。

<作り方>

①はがきに鉛筆でさるの頭を下書きします。

②折り紙をちぎって、さるの形に合わせてのりで貼りつけます。

③さるのまわりを色鉛筆で塗ります。

最後に、年賀状作文をしよう

素敵な絵が書けたら、最後はメッセージを添えましょう。

せっかく年賀状を書くのですから、「あけましておめでとう」といった定型文だけではなく、オリジナルの文を添えたいですよね。

何を書けば良いかお子さんが悩んでいたら、「平成28年の目標」や「2学期に頑張ったこと」を書くようにアドバイスしてあげましょう。そのとき心に浮かんだことを、素直に書いてOKです。

年賀状に書くメッセージはこちらの記事を参考に!

親子で一緒に取り組めば、良いコミュニケーションのきっかけにもなりそうですね。

取材協力:日本郵便株式会社:本年度の日本郵便株式会社主催「第13回全日本年賀状大賞コンクール」は2016年1月12日(火)まで作品を募集しています。ぜひ大切な人へ思いを伝える年賀状を作成し、コンクールに応募してみませんか。応募者全員に参加賞をプレゼントします!詳しくは「第13回全日本年賀状大賞コンクール」とwebで検索してください。

 

 

作文力.com TOP > 作文の書き方 > 今年は親子で年賀状作りに挑戦しよう!

関連記事