ロゴ.jpg

バレンタイン特別企画 作文力×恋愛力 スペシャル2大インタビュー

もうすぐバレンタインデー。男性も女性も、いつもよりちょっぴり“モテ”を意識する時期ですよね。作文力.comでは、「言葉と恋愛」というユニークな視点から、恋愛のカリスマであるお二人にインタビューを行いました!

60点の女性が70点の男性を手に入れる方法があります。それは「本当は60点だけど70点に見せかけること」。
そのために有効な道具となるのが「言葉」なのです。誇張や演出のために言葉を使って、自分を盛ったっていいんです。

practice2b1.jpg

恋愛を科学的に分析する学問「恋愛学」の講義が近年注目を集めている早稲田大学教授の森川友義さん。社会学、心理学、経済学、政治学など様々な分野から収集したデータを元に研究された恋愛のノウハウは、性別や年代を問わず多くの人々に支持されています。そんな森川教授に、「恋愛と言葉」という側面から“いいオンナの条件”についてお話をお聞きしました。

> モテるのは●●●を言える女性!?【 いいオンナの条件って?】

世の中には、まだ偏見や差別があると思うのですが、多様性を認められる人は、コミュニケーションをする上ですごく気持ち良く話せる相手。男らしさ女らしさに囚われずお互い人と人で話せるといいですよね。

practice2a1.jpg

美人なのになぜか恋愛がうまくいかない女性たちのエピソードを描いたエッセイ『負け美女』をはじめ、大人女性の恋愛をさまざまな角度から考察してきたエッセイストの犬山紙子さん。今回は本サイトのテーマである「作文」にちなんで、「恋愛と言葉の関係」という側面から“いいオトコの条件”についてお話をお聞きしました。

> これを言ったら絶対モテない!!【いいオトコの条件って?】